なおすけの日記

来る者は拒まず 去る者は追い回す

過去の自分から手紙が届いたので読んでみた。

みなさん、お盆はいかがおすごしでしょうか。

ボクはこのお盆期間を有意義に過ごすため、

まずスーパーで大量のお菓子を買い溜めしました。

自宅に戻り、六畳一間を冷房でキンキンに冷やすと、

みんな大好きYouTubeを開きます。

準備は万端。さあ!

 

最高の夏の始まりです。。。

 

 

まあそんなことはどうでもいいのですが

今回は、小学校6年生の自分から手紙が届いたという話です。

 

実はこう見えて、ボクにも小学生だった時代があります。

小学生だったころのボクは、それはそれはかわいかったです。

もちろん今のボクもしっかりかわいいのですが、それに負けず劣らずのかわいさでした。

身長が低かったため、背の順で並ぶときはいつも前のほうでした。たしか前から3番目くらいだったかな?あらまあかわいい。

 

 

 

さて、読売ジャイアンツのV9時代の話はこのくらいにして(あれ、そんな話はしてなかったっけ?)、手紙の話に戻ります。

 

そもそもこの手紙は、ボクのもとに届いたのではなく、まず実家のほうに届いていました。ときは2017年5月、五月病で生きる希望を失いかけていたボクのもとに、突然親から電話がかかってきました。

「小学校の先生から手紙きとるよ」

 

最初なんのことだかわかりませんでしたが、すぐに「ああ、たぶんあれかな」と思い出しました。

 

そして、ここ数日のあいだ実家に帰省していたので、大切に持ち帰りました。

f:id:hondanohondana:20170812234720j:plain

 

この手紙がどんなものか説明しておくと、

 

小学校6年生のもうすぐ卒業するという時期、

未来の自分に何か残せないか。という考えから生まれたもので、

20歳の自分にむけて書かれた手紙です。

手紙は担任の先生が預かり、20歳になったタイミングで郵送されることになっていました。

 

 

それでは、いざ開封!

 

……の前に。

ただ開封するだけじゃ面白くないので、小6のボクが当時、

どんな手紙を書いたのかを予想することにしました。

記憶の断片を必死に辿り、当時の自分を思い出します。ああ、あんなことあったなあ。そういえば、こんなこともしたっけ。

 

完成した予言の書がこちら。

f:id:hondanohondana:20170812235237j:plain

 

なんか、全然思い浮かばなかった。。。

小6の自分がなにを考えてたかなんて、見当もつきません。

おそらく、小4から始めた陸上についてのことだとは思いますが……。

10年前の自分なんてもはや別人でしょ。

 

未来の自分に向けた手紙にしては、かなり淡白で薄情な文面を作成してしまいましたが、それではいよいよ、開封といきましょう。

果たして幼い日の本田少年は、成人を迎えた本田氏に、いったいどういうメッセージを送ったのでしょうか。

 

◆開封

f:id:hondanohondana:20170813000806j:plain

過去のボクからの手紙。

f:id:hondanohondana:20170813001110j:plain

そして、もう一枚手紙らしきものが。

f:id:hondanohondana:20170813001435j:plain

 

先にこっちを開いてみました。

どうやら、当時の担任だった青山先生からの手紙のようです。

f:id:hondanohondana:20170813001831j:plain

青山先生。懐かしいなあ。

小6の頃は楽しかったなあ。6年C組だったっけ。

いいクラスだったなあ。

 

素敵な大人をやれてる気はしないけど、ボクは元気でやってます。

 

そして、気になる本田少年の手紙がこちら。

f:id:hondanohondana:20170813002440j:plain

20歳の自分へ

陸上がんばっていますか。勉強がんばっていますか。

それとも、他のことをしていますか。

ぼくの予想は陸上で箱根駅伝という大会に出ていると思います。

努力して1位を取れるようにがんばってください。

1人暮らししていますか。犬か猫を飼っていますか。

生活が大変だと思いますが体調に気を使ってください。

さようなら。

 

三月十九日(月) 過去の本田直之より

 

なるほど。

なんか…なんだろう、この感情。なにをどう言い表していいのか。

いろんな思いが心の奥底から湧き出てきました。

 

気づけば、筆をとっていました。

 

f:id:hondanohondana:20170813011420j:plain

 

10年前の自分へ。

陸上は、やめました。今はコピーライターという職業を目指しています。

陸上とは全然関係のない人生を歩み始めました。

箱根駅伝には、出られませんでした。

大学4年間、なんとかあがいてもがいてみたけど、無理でした。

夢は叶いませんでした。ごめんね。

ただ、次の人生の夢は、絶対に叶えるつもりです。

1人暮らし、してますよ。賃貸なので、犬も猫も飼えませんが、

それなりに楽しく生活しています。

これからも体調に気をつけてがんばります。ありがとう。

8月13日(日) 未来の本田直之より

 

◆まとめ

昔の自分が今の自分を見たら、きっと意味が分からな過ぎて困惑すると思います。

コピーライターってなに?とか、陸上やめたの?とか。

今の状況をどう説明しよう。そんなことも考えてみると意外と面白かったです。

たぶん、こうならないようにもっと陸上がんばるんだろうなー。

 

今の自分は、過去の自分が描いた理想とはほど遠い。

けど、

今のボクが不幸かといえば、全くそんなことはありません。むしろ毎日が楽しくてしょうがないです。過去の自分も現在の自分も、ボクは好きです。

未来に希望を見ながら、いま与えられている時間を全力で生きる。これからも、ずっとそうでありたいと思いました。

 

最後に、このような機会を与えてくださった恩師の青山先生に感謝します。

どうもありがとうございました。将来、立派になって必ずまた会いに行きたいと思ってます。そのときはよろしくお願いします。

 

 

30歳の自分は何してるかな。楽しみだなあ。

「仕事ができる人」とは、どういう人か。

最近ボクが、アルバイト先で「仕事ができる」と思われているらしいことに気づいた。

素直に嬉しかった。こうしてブログに書いてしまうところがまた、素直で可愛いね。

 

ところで皆さんは、「仕事ができる人」と聞いて、真っ先にどんな人を思い浮かべるだろう。

 

仕事のスピードが早い人か。

はたまた、仕事の量をたくさんこなす人か。

 

「仕事ができる」にはいろいろな解釈ができるけど、ボクは最近、仕事ができる人というのは「たくさんミスを経験した人」だと考えるようになった。

ミスが多いということは、一見、仕事ができない人という印象を受けるかもしれない。確かに、このままだとそう解釈されても仕方がない。

だからここで、もう一つ条件を加える。

「同じミスを繰り返さない人」

どうだろう。これで仕事ができる人の像にグッと近づいたのではないだろうか。

「たくさんミスをし、しかし同じミスを繰り返さない」

それは、ミスの種類が多いということだ。

慣れないことや、初めてのことをするとき、人は必ずと言っていいほどミスをする。仮に偶然うまくいったとしても、なぜうまくいったかがわからないため、いずれミスをするときが訪れる。それは誰しも同じである。

ところが、そのミスを何度も繰り返してしまう人と、すぐにミスをしなくなる人がいる。どういうわけか。

その違いはズバリ、「ミスの分析と対策ができているかどうか」だと思う。

何度もミスをしてしまうのは、なぜそうなったのかを知ろうとせず、「今回はたまたま」という都合のいい言い訳をして対策をろくに立てようとしないからではないか。

反対に、すぐにミスをしなくなる人というのは、なぜミスが起きたのかを分析し、対策を立て、それを実行に移していく。

いわゆる、PDCAサイクルというやつだ。

あたりまえじゃん。と思うかもしれないが、あたりまえほど、あたりまえにこなすことが難しいものはない。

ここで仕事ができる人とできない人の差が大きく出る。

さらに、ミスに誠実な「仕事ができる人」は、ミスをポジティブなものとして受け取ることができる。

なぜなら、ミスをしたぶんだけ成長できるからだ。できないことが見つかり、できるようになる。その瞬間ほど仕事にやりがいを感じられる瞬間はないのではないだろうか。

 

この度、ボクに対して「仕事ができる」という認識を持ってくださった方々が、ボクのどういう部分を見て「仕事ができる」と判断したのかはわからないけど、今後もその人たちの期待を裏切らないようにがんばりたいと思います。

 

ふらり瀬戸内ひとり旅 –直島編–

時刻は16時17分。

 

ついに最後の島、直島に到着しました。

直島に着いてしまえばこっちのものです。なぜなら、直島から岡山(宇野港)までのフェリーは20時過ぎまであるからです。

しかし、そうゆっくりもしていられません。

直島の美術館は、だいたいが17時で受付を終了してしまいます。

最後まで気が緩められないのです。

 

直島はなんと言っても、かぼちゃのオブジェ。

直島を知らない人も、また聞いたことはあるけど場所はわからない人も、草間彌生と、南瓜のオブジェぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

(※ちなみに 犬島は岡山県、豊島・直島は香川県

もちろん、南瓜以外にも直島の魅力はたくさんあるし、南瓜目当てで直島を訪れたボクも直島のよさをたくさん発見しました。

 

地中美術館

スケジュールが押していたので、受付終了時間ギリギリに滑り込みました。絶対間に合わないバスにダメ元で乗ったのに、運転手のおっちゃんががんばってくれて、なんとか間に合いました。入館できたことが奇跡です。

上空から見ると、地中に埋まっているように見える美術館。主に三人のアーティストの作品が見られます。モネの作品とか。

 

◇つつじ荘

黄色いかぼちゃのオブジェが見られるところですね。夕方に到着したので、砂浜にポツンと佇む姿は、どことなく寂しそうでした。

 

f:id:hondanohondana:20170804003912j:plain

f:id:hondanohondana:20170804003926j:plain

 

 作品に命を吹き込む草間彌生のアートワークに、脱帽です。

 

つつじ荘近辺は他にもオブジェがあり、

かぼちゃに人が群がっていてなかなか写真が撮れそうにないときは先にそっちを見て回るのもいいかもしれません。

 

f:id:hondanohondana:20170804004110j:plainf:id:hondanohondana:20170804004206j:plain

 

 

◇直島港 赤かぼちゃ

 

f:id:hondanohondana:20170804004438j:plain

こちらも有名な「赤かぼちゃ」さん。

毒々しい色使いなのに、どこか可愛らしさを感じるのが、世界中の人々を惹きつけてやまない理由だと思います。

どこがいいのかはよくわからないけど、なんかいいなと感じる物。そして、それを生み出す者。どちらも偉大だなあ〜

 

◇I♡湯

シャレの効いてる銭湯。疲れにも効きます。

ハードスケジュールをこなしてきた一日を締めくくるのに相応しいイベントです。

その名前から想像できる通り、建物も店内も遊び心満載でした。

男女の浴場を隔てる壁の上に、巨大な像が乗っかっているのには驚きました。

ただ、そんなびっくりな光景が霞むくらいの衝撃が、浴槽の底には描かれていました。

 

☆*:.。. 春画.。.:*☆

 

d.hatena.ne.jp

 

 

遊び心、あるぅ!じゃねーわ!!

浴場と欲情をかけた洒落ね。洒落になんねーよ!

お風呂でのタブー堂々の一位だわ!

 

江戸時代に描かれたものとはいえ、けっこうリアルに描かれているので、I♡湯を訪れる際はそれなりの勇気と覚悟をもって。

 

◇瀬戸内海との別れ

時刻は20時を回り、島全体が闇に包まれ始めました。

そろそろフェリーに乗らなければ本当に帰れなくなってしまいます。

たった一日で膨大な量の芸術に触れ、疲弊しきった身体を大型旅客船に運びます。

 

展望席に出て、港から見える直島の風景をぼんやり眺めていると、夜の潮風が疲れた体を優しく労ってくれました。

後ろを振り返れば、海の向こうにはライトアップされた瀬戸大橋が見えました。

 

この瞬間は、今日一日に対する、いや、これまで自分なりの道を歩んできた二十数年間に対する最高のご褒美だと感じました。今までの時間はこのときのためにあったのかもしれないと、そう思えるくらいに美しい時間でした。

これから先も、そのときどきでしか出会えない「人生最高の瞬間」を見つけていけたらなと思います。

 

みなさんにも、ぜひ瀬戸内海に浮かぶアートに触れて、新しい世界を感じてもらえればと思います。一日で三つの島を回ることはあまりお勧めしませんが、宿泊費をかけたくない方、時間が限られている方はボクのプランを参考にどうぞ。お土産代を含め、3~4万あれば十分足ります。(ボクは3持っていって5,6千円余りました。)

 

もうすぐお盆なので少し混むことが予想されますが、興味のある方はこの機会に行ってみてください。

 

次はどこ行こうかな。

 

 

終わり。

ふらり瀬戸内ひとり旅 –豊島編–

犬島港からフェリーに揺られること25分。

 

ボクは緊張していました。

 

なぜなら、豊島がスケジュール的に、最もタイトだからです。

そしてもっと最悪なことに、致命的なミスに気づいてしまったからです。

f:id:hondanohondana:20170803172234p:plain

豊島の所要時間、2時間25分だと勘違いしてました。

1時間25分でした。

 

絶望しました。絶対行きたいと思ってたところ、削らなきゃいけないかも。

 

あれ、しょっぱいぞ。海水が口に入ったかな?

その海水の源は、純真無垢な青年の悲しみに満ちた瞳でした。

 

ボク、ここで死ぬのかな。

 

とりあえず、フェリーの時間(15:10)だけは守ろう。それだけ心に決め、予定していた電動スクーターを借りに、瀬戸内 レンタサイクル「カレン」さんへと向かいます。そこで今後のスケジュールの相談にものっていただきました。

 

「今日この後、直島にも行こうと思ってるんですけど…」

「それはタイトスケジュールですねー! ってことは、15時55分のフェリーに乗るのね?」

 

……!?

……15時55分!?!?

(調べた中にはそんな時間無かったぞ!?)

 

それもそのはず。次の直島には、港が二つあります。当初予定していたのは本村港。しかし、宮浦港という港に向かう船に変更すれば、予定より45分も長く島に滞在できます。

予期せぬハプニングに救われ、豊島でも行きたいと思っていた場所へは全て行くことができました。

あと、豊島を回るなら自転車より断然電動スクーター。金銭面を考えてケチると、エライ目にあいます。

美術館やオブジェまでの道が、かなりぐねぐねしていて坂も多いので、国際免許証を持ってない海外の人たちは自転車で汗ダラダラ流しながら頑張ってました。

f:id:hondanohondana:20170724170617j:image

夏は特に。ここちよい島風を感じられる電動スクーターを「カレン」さんでぜひ。

 

◇心臓音のアーカイブ

f:id:hondanohondana:20170724170636j:plain

 電動スクーターでおよそ10分。

ここは世界で唯一、いつでも心臓音を記録できる施設です。

クリスチャン・ボルタンスキーも「人間は二度死ぬ」という言葉を残していますが、人が本当に死ぬのは、肉体が滅んだときではなく、人に忘れ去られたときだと思います。

人が生きている「証」である心臓の鼓動を録音し音源化することで、ボクが死んでも、生きた証を後世に残すことができます。

 たったの1500円ほどでこの世に生きた証を残せるなんて、なんてリーズナボー!

 

名前を検索すれば、登録済みの他の人の心臓音も聴くことができます。(有名人でいうと、北野武さんや松任谷由実さんなどの鼓動も聞けます。)

 

港からは少し遠いですが、豊島を訪れる際は必ず行くべき場所です。何度も言う。電動スクーター、有能。

 

豊島美術館

美術館といったら、いろんな作品が展示してあって、それを見て回るのが一般的だけど、この美術館は少々特殊です。

まず、作品が一つしかない。

しかも、作品はなんと、大きな建物です。

とても不思議な空間に最初は戸惑いますが、だんだんのめりこんでいきます。というより雰囲気にのまれていきます。

地べたに座ってのんびりしている人や、寝転がっている人などがいて、さまざまな楽しみ方ができる美術館でした。

変わった美術館を体感してみたい方はぜひ。人によっては何時間でもいられると思います。レンタサイクルで相談にのってもらったおじさんも、「1時間はとったほうがいい」と言っていました。ボクは時間の都合で5~6分ほどしかいられませんでした。みじか。落ち着きのない5才のガキかよ。

 

豊島横尾館

生と死が同時に感じられる作品が展示してあり、思わずギョッとするような作品に出会えます。こちらは港からも近いので訪れやすいです。

 

◇イル・ヴェント

f:id:hondanohondana:20170724173039j:image

 

豊島横尾館のすぐ近くにあります。

島の日常と大きくかけ離れた内部のデザインに 圧倒されます。

 

◇豊島、出港。

短い時間でしたが、豊島の魅力を十分すぎるほど実感できました。

他にも豊島にはさまざまな屋外作品やオブジェ、美術館があります。

島をぐるっと一周することで、豊島のアートをほぼ網羅できるルートも教えていただけたので、次回来るときはもっと豊島を好きになれそうです。

 

瀬戸内レンタサイクル「カレン」さん、ほんとうにお世話になりました。

次に来るときも、よろしくお願いします!

 

そしていよいよ最後の島、直島へ。

 

続く

ふらり瀬戸内ひとり旅 –犬島編–

どうも。

 

HUNTER×HUNTERの休載期間に比べたら、ボクのブログ更新までの期間なんてまばたきみたいなもんですよ♠

でお馴染み、なおすけです。

お久しぶりです。

 

ここ数日の間、フリーターの念能力「休みたいときに休む」を使って、実家に帰省していました。

というのは半分冗談で、法事のため召集がかかったので、一時的に帰省していました。

法事は日曜だったのですが、個人的な理由もあって、少し早めに里帰りしていました。

 

そして、この期間を利用し、かねてから行ってみたかった、瀬戸内海に浮かぶ島を巡ることに決めました。

なにを隠そう、ボクは生まれてから上京するまでの18年間、

岡山県瀬戸内市というところに住んでいました。(郡が合併して現在の瀬戸内市に名前が変わったので、正確には10年間。)

だから今回は、幼いころから瀬戸内の海と山に囲まれた環境で育った人間が、

瀬戸内の魅力を知らなくてどうする!!!

という思いから、島を旅する決意をした次第であります。

 

瀬戸内海では三年に一度、瀬戸内国際芸術祭というアートの祭典が開かれており、世界中から多くの芸術家、愛好家が島を訪れます。

残念ながら今年は該当年ではないのですが、それでも美術館や屋外アート作品は見られるみたいです。

ただ、ここで一つ問題が。

 

時間がない。

 

圧倒的に時間がありません。

今回、犬島(いぬじま)、豊島(てしま)、直島(なおしま)を見て回る計画を立てたのですが、この三つの島を回るにはだいたい三日、最低でも二日は欲しいところです。

ところが、ボクの帰省期間のスケジュールは

 

7/20(木) 帰省

7/21(金) 暇だな。明日島巡ろ。

7/22(土) 島巡り

7/23(日) 法事

7/24(月) 実家から戻る

 

ご覧の通り、島巡りの計画を立て始めたのは前日の朝、そして二日後には朝10時から法事が控えています。

つまり、一日で三つの島を回らなければなりません。きっつー。

 

さっそく、このハードスケジュールをこなすための綿密な計画を組み始めました。「暇だな。明日島巡ろ。」の段階です。

 

この旅の最も重要な課題、というか絶対条件は、なんといっても「その日にちゃんと帰ってくること」です。そのため、鍵となってくるのはフェリーの時間です。山手線みたいに3分後には次の便が来るといいのですが、フェリーは多くても1時間に一本です。航路によっては、これを逃すと次は2時間後、なんてこともざらにあります。しかも最終の便も早い。

 

スケジュールの作成手順としては、

①それぞれの島の到着時刻と出発時刻

②その島で、これだけはやりたいこと

③そのために必要な、効率的で無駄のないルートの把握

 

やりたいことリストがこちら。(汚くてすみません。)

f:id:hondanohondana:20170803153718j:plain

タイトスケジュールにも関わらず、貪欲に。

 

そしてこれらのポイントを抑え、前日に作成したスケジュールがこちら。

(汚くてすみません。)

f:id:hondanohondana:20170724152254j:imagef:id:hondanohondana:20170724152309j:plain

 

改めて、きっつー。

でも、フェリーの時間や島巡りのルート、移動時間など、入念にシミュレーションを重ねた結果、当日に帰ってくることは保障されました。あとは旅のクオリティをどこまで上げられるか。

 

準備物

・ポーチ

・財布(PASMO、保険証、免許証、3万円)

・ドリンクホルダー

f:id:hondanohondana:20170724152904j:image

荷物は最小限に。

ハードスケジュールをこなすため、前日は早めに就寝。おやすみなさい。

 

–当日–

道中省きますが、スケジュール通り無事犬島に到着。

f:id:hondanohondana:20170724154552j:image

犬島に着くと、まず目に飛び込んで来るのが、大きな煙突です。

 

◇犬島精錬所美術館

館内写真撮影禁止なので、写真はお見せできませんが、とっっってもよかったです。

この美術館は、三島由紀夫をモチーフにした作品が多いです。その理由として、三島由紀夫が、日本の近代化により古きよき日本が失われることを危惧していたことと関係があります。

日本の近代化に大きく貢献してきた精錬所と、近代化に抗う三島の思想を掛け合わせた作品から、日本のあるべき姿を今一度考える機会を与えられました。

三島ファンなら絶対楽しめるはず!

 

◇犬島精錬所跡地

かつて銅の精錬が行われていた精錬所。実際に使われていた煙突や建物の一部がそのままの形で残っています。

子供の頃からこの島に住んでいるおばあちゃんが当時の様子を語ってくれて、とても勉強になります。時間があればもっと聞いてたかった。

階段を登っていくと、火力発電所跡地に出て、そこからの眺めは絶景です。

ジブリ的な雰囲気もあり、これは、

とりあえず行けばわかる!

f:id:hondanohondana:20170724160513j:imagef:id:hondanohondana:20170724160611j:imagef:id:hondanohondana:20170724160538j:image

 

◇犬島 家プロジェクト

家プロジェクトとは、民家に溶け込むアート作品のことです。港から民家がある方へ入っていくと、突如巨大なアートが姿を現します。

家プロジェクトの趣旨としては、アートを通してその土地の魅力に気づき、この島を好きになってもらえるように、という想いが込められているそうです。

それぞれの作品に作者の想いが込められていて、受付で借りられる無料の音声ガイドがひとつひとつ丁寧に説明してくれます。

あまり借りてる人いなかったけど、説明がなきゃ汲み取れない想いもあるので、借りるべし!

 f:id:hondanohondana:20170724161129j:image

 

 ◇ウキカフェ

家プロジェクトを抜けるとちょうどいいところにカフェが。次の豊島行きフェリーまでまだ少し時間があったので、そこで昼食をとることに。

店内はレトロな雰囲気で、島の空気と絶妙にマッチしてました。 

f:id:hondanohondana:20170803155542j:plain

f:id:hondanohondana:20170803155648j:plain

f:id:hondanohondana:20170724162031j:plain

 

 店内のゆったりした雰囲気に惑わされ、気づけばフェリー出発まであと10分!急いでお会計を済ませ、全力ダッシュしゃがみジャンプで港まで戻りました。

(ウキカフェから港まではまあまあ距離があったので、犬島を訪れる方はお気をつけください。マジで。)

 

岡山の歴史と愛がいっぱい詰まった犬島。別れを惜しむとともに、再び訪れることを胸に誓いながら、二つ目の島「豊島」へと向かいます。

f:id:hondanohondana:20170803160214j:plain

 

続く

【特別企画】祝30記事!これまでの日記を振り返ってみた。

いつもありがとうございます。なおすけです。

 

去年の11月12日にこのブログを始めてから、半年以上たちました。

ブログ内容も更新のタイミングも気まぐれに続けてきましたが、

気づけば記事数が29まできていました。

 

そこで今回は、一つの節目ということで、

過去の記事を少しだけピックアップし、振り返ってみようと思います。

どうかお付き合いください。

 

◇これだけは読んどけ!なおすけの日記ベスト5!!

 

 

・どうしてこうなった。

hondanohondana.hatenablog.com

 地元の集まりで、女子の衝撃的な一言から始まった、

ボクの大学時代のファッション奮闘記・回想録です。

後半のワンピースのくだりとか、ありきたりなギャグだけど好きです。

 

 

・ 握手会に行ってきたよ。part2

hondanohondana.hatenablog.com

ドルオタがよくやる、握手会レポートですね。

ちゃっかり「君の名は。」ブームにも便乗しています。

ボクの気持ち悪さを存分に感じていただける記事となっているので、

おすすめです。

 

 

・宇宙開発。

hondanohondana.hatenablog.com

なおすけの日記自体、読者数がクソほど少ないので、

どうすれば目にとめた人が読みたくなるか考えた結果がこのタイトルです。

ただ内容で期待を裏切ってしまうと二度と読んでくれなくなる可能性も。

まあいいや。

この記事は、結構な地獄絵図と化しているので、

心臓の弱い方はご遠慮ください。

 

 

秒速5センチメートル

hondanohondana.hatenablog.com

 ここで、一つお詫びがございます。

実は筆者は「秒速5センチメートル」を、

視聴したことがありません!!

申し訳ございませんでした。いつか時間をとって視聴したいと思っています。

 

初期の記事にしてはふつうにおもろいし、なかなかの出来だと自分では勝手に思っています。読みやすいし。

 

 

・内定ゼロですが、就職活動をやめました。

hondanohondana.hatenablog.com

何を隠そう、なおすけの日記の中で一番読まれているのがこの記事です。

就活ネタの記事、アクセス数伸びるの法則。

タイトルが非常に「釣り」っぽいですが、これマジです。

心配かけてすみません。今はそれしか言えません。

 

 

◇まとめ

いかがだったでしょうか。毎回更新時にチェックしてくださっている読者の方(神様)には、もう読んでるよ。だと思いますが、読んだことがある人もない人も、ぜひ読んでみてください。

そして、今後も「なおすけの日記」をどうぞよろしくお願いします!

 

次は50記事を目標に…。

 

「ひとり焼肉」という名の最高。

どうも。

『「人」という字は、人と人とが支え合ってできている、なんてのは全くの幻想で、実際は一人の人間が足を広げて立っているにすぎない。』

でおなじみ、なおすけです。

 

◇ひとり焼肉してきたよ

これまで数々の「ひとり〇〇」に挑戦してきたボクですが、恥ずかしいことに、ひとり〇〇の定番中の定番、「ひとり焼肉」をしたことはありませんでした。情けない!

 

ちなみに、これまでに経験してきたひとり〇〇を挙げると

 

・ひとりファミレス

・ひとりカラオケ

・ひとり映画

・ひとり回転寿司

・ひとり音楽ライブ

・ひとり音楽フェス

 

などです。

 

この「ひとり〇〇」のポイントは、一般的には複数人でいく事柄やイベントに単独で乗り込み、かつ、それを全力で楽しむことです。

また、周りの視線が痛ければ痛いほど得点は高くなり、人生のTポイントとして蓄積されていきます。

 

列挙したものは、上から難易度が低い順に並べました。

今回のひとり焼肉は、回転寿司とライブの間が妥当かと。

寿司は家族連れが多く、焼肉は10〜20代のグループが多い印象。視線の痛さで言うと、当然、歳の近い後者が圧倒的です。

 

「だったら、なんでそこまでして…」と思うでしょうか。

その答えは極めてシンプル。

それを補って余りある報酬があるからです。

ボクはこれを、「慰めの報酬」と呼んでいます。

 

もちろん、みんなと一緒だから生まれる喜びもあります。

しかし、それと同じように、一人だからこそ味わえる幸せも存在するのです。

その幸せはたいてい、「他人に気をつかわなくていい」が根本にあるんですけどね。

 

さて、ボクが今回、焼肉ソロパーティーの会場に選んだのは牛角さんです。お得な食べ放題コースもあり、下の肥えていないボクにとっては文句なしのお店です。

 

いざ入店。来店人数を告げると、ひとり焼肉客に耐性のないと思われる店員が一瞬怯んだのを見逃しませんでした。なるほど。ひとり焼肉はまだまだ世間に浸透していないんだな。

「おひとり様ご来店でーす」のかけ声とともに席に案内されると、店内が一瞬ピリつくのを感じます。力のない「個」が、数的優位な状況に置かれる人々に影響を与える。「ひとり〇〇」の醍醐味です。

 

案内された先は、二人席でした。ここで一つ問題が。

心理的セキュリティの脆弱性。デザインの特性上、しきりの壁がスカスカでした。

これでは「誰もさわれない ひとりだけの国」が脅かされてしまいます。盗み見必至。しかもしきりの向こう側には歳の近い女子二人組が。ルララ。宇宙の風に乗る。

 

しかし、そんなこと気にしてられません。お前はここに何をしに来たのか。もう一度自分に問い直し、店員さんを呼びます。

「お気軽コースで。」

 

f:id:hondanohondana:20170620214226j:image

 

◇まとめ

 はっきり言って、ひとり焼肉は最高です。断言できます。

肉の焼き加減、食いたい肉、ペース配分 などなど、全てが自分の思いのまま。

肉が焼けるあいだ、持ち込んだ本を読んだりもしました。まさに至福のひと時。

 

「がんばって育てた肉が…」

「ほんとはレバー好きなんだけどな…」

「先輩に焼いてあげなきゃ…」

 

ボクから言わせれば、そんなもん、「こんな焼肉は嫌だ」です。

売れないピン芸人のフリップネタ同然です。

 

「本当の焼肉」を知り、人生のTポイントを貯めるために、

ぜひ、ひとり焼肉に挑戦してみてください。

 

それでは。

f:id:hondanohondana:20170620214344j:image

 

(※ちなみに牛角は「リアルTポイント」も溜まります)

 f:id:hondanohondana:20170620215848j:image