なおすけの日記

来る者は拒まず 去る者は追い回す

過去の自分から手紙が届いたので読んでみた。

みなさん、お盆はいかがおすごしでしょうか。

ボクはこのお盆期間を有意義に過ごすため、

まずスーパーで大量のお菓子を買い溜めしました。

自宅に戻り、六畳一間を冷房でキンキンに冷やすと、

みんな大好きYouTubeを開きます。

準備は万端。さあ!

 

最高の夏の始まりです。。。

 

 

まあそんなことはどうでもいいのですが

今回は、小学校6年生の自分から手紙が届いたという話です。

 

実はこう見えて、ボクにも小学生だった時代があります。

小学生だったころのボクは、それはそれはかわいかったです。

もちろん今のボクもしっかりかわいいのですが、それに負けず劣らずのかわいさでした。

身長が低かったため、背の順で並ぶときはいつも前のほうでした。たしか前から3番目くらいだったかな?あらまあかわいい。

 

 

 

さて、読売ジャイアンツのV9時代の話はこのくらいにして(あれ、そんな話はしてなかったっけ?)、手紙の話に戻ります。

 

そもそもこの手紙は、ボクのもとに届いたのではなく、まず実家のほうに届いていました。ときは2017年5月、五月病で生きる希望を失いかけていたボクのもとに、突然親から電話がかかってきました。

「小学校の先生から手紙きとるよ」

 

最初なんのことだかわかりませんでしたが、すぐに「ああ、たぶんあれかな」と思い出しました。

 

そして、ここ数日のあいだ実家に帰省していたので、大切に持ち帰りました。

f:id:hondanohondana:20170812234720j:plain

 

この手紙がどんなものか説明しておくと、

 

小学校6年生のもうすぐ卒業するという時期、

未来の自分に何か残せないか。という考えから生まれたもので、

20歳の自分にむけて書かれた手紙です。

手紙は担任の先生が預かり、20歳になったタイミングで郵送されることになっていました。

 

 

それでは、いざ開封!

 

……の前に。

ただ開封するだけじゃ面白くないので、小6のボクが当時、

どんな手紙を書いたのかを予想することにしました。

記憶の断片を必死に辿り、当時の自分を思い出します。ああ、あんなことあったなあ。そういえば、こんなこともしたっけ。

 

完成した予言の書がこちら。

f:id:hondanohondana:20170812235237j:plain

 

なんか、全然思い浮かばなかった。。。

小6の自分がなにを考えてたかなんて、見当もつきません。

おそらく、小4から始めた陸上についてのことだとは思いますが……。

10年前の自分なんてもはや別人でしょ。

 

未来の自分に向けた手紙にしては、かなり淡白で薄情な文面を作成してしまいましたが、それではいよいよ、開封といきましょう。

果たして幼い日の本田少年は、成人を迎えた本田氏に、いったいどういうメッセージを送ったのでしょうか。

 

◆開封

f:id:hondanohondana:20170813000806j:plain

過去のボクからの手紙。

f:id:hondanohondana:20170813001110j:plain

そして、もう一枚手紙らしきものが。

f:id:hondanohondana:20170813001435j:plain

 

先にこっちを開いてみました。

どうやら、当時の担任だった青山先生からの手紙のようです。

f:id:hondanohondana:20170813001831j:plain

青山先生。懐かしいなあ。

小6の頃は楽しかったなあ。6年C組だったっけ。

いいクラスだったなあ。

 

素敵な大人をやれてる気はしないけど、ボクは元気でやってます。

 

そして、気になる本田少年の手紙がこちら。

f:id:hondanohondana:20170813002440j:plain

20歳の自分へ

陸上がんばっていますか。勉強がんばっていますか。

それとも、他のことをしていますか。

ぼくの予想は陸上で箱根駅伝という大会に出ていると思います。

努力して1位を取れるようにがんばってください。

1人暮らししていますか。犬か猫を飼っていますか。

生活が大変だと思いますが体調に気を使ってください。

さようなら。

 

三月十九日(月) 過去の本田直之より

 

なるほど。

なんか…なんだろう、この感情。なにをどう言い表していいのか。

いろんな思いが心の奥底から湧き出てきました。

 

気づけば、筆をとっていました。

 

f:id:hondanohondana:20170813011420j:plain

 

10年前の自分へ。

陸上は、やめました。今はコピーライターという職業を目指しています。

陸上とは全然関係のない人生を歩み始めました。

箱根駅伝には、出られませんでした。

大学4年間、なんとかあがいてもがいてみたけど、無理でした。

夢は叶いませんでした。ごめんね。

ただ、次の人生の夢は、絶対に叶えるつもりです。

1人暮らし、してますよ。賃貸なので、犬も猫も飼えませんが、

それなりに楽しく生活しています。

これからも体調に気をつけてがんばります。ありがとう。

8月13日(日) 未来の本田直之より

 

◆まとめ

昔の自分が今の自分を見たら、きっと意味が分からな過ぎて困惑すると思います。

コピーライターってなに?とか、陸上やめたの?とか。

今の状況をどう説明しよう。そんなことも考えてみると意外と面白かったです。

たぶん、こうならないようにもっと陸上がんばるんだろうなー。

 

今の自分は、過去の自分が描いた理想とはほど遠い。

けど、

今のボクが不幸かといえば、全くそんなことはありません。むしろ毎日が楽しくてしょうがないです。過去の自分も現在の自分も、ボクは好きです。

未来に希望を見ながら、いま与えられている時間を全力で生きる。これからも、ずっとそうでありたいと思いました。

 

最後に、このような機会を与えてくださった恩師の青山先生に感謝します。

どうもありがとうございました。将来、立派になって必ずまた会いに行きたいと思ってます。そのときはよろしくお願いします。

 

 

30歳の自分は何してるかな。楽しみだなあ。